カードローン 返済額 変更

カードローンの返済額は変更できる?

カードローンの返済はほとんどの場合が、
登録する銀行口座からの毎月の自動引き落とし返済となっています。

 

返済額はカードローンの会社によって異なりますが、こちらも大抵の場合は
借り入れ金額に対して毎月の引き落とし金額が決まっているケースが多いです。

 

そんなカードローンの返済ですが、場合によってはその決まった引き落とし金額よりも
返済額を増やしたい・減らしたいといった状況もありますよね。

 

この記事ではカードローンの返済額の変更について紹介しています。

毎月の返済額を増やしたい場合

まずは、給料日やボーナス・臨時収入などが入って、毎月の返済額よりも多めに払いたい、
いわゆる繰り上げ返済をしたい場合についてですが、支払い額を増やしたい場合は特に
なんの問題もなく増やすことが可能です。

 

 

毎月の引き落とし額を増やしたい場合は、カードセンターに電話などをして
現在の返済額を変更する必要がありますが、当月だけ返済額を増やしたい場合は
基本的に返済額以上の支払いも受け付けているので事前連絡をしなくても
各種ATMから振込をすることで繰り上げ返済ができる場合が多いです。

 

一つ注意点としては、来月分も一緒に払って来月の支払いを無くすといった
返済方法はできません。

 

毎月の返済額を減らしたい場合

一方で、急な出費などによってカードローンの返済額を減らしたい場合は
増やす時よりもすんなりいかないケースがほとんどです。

 

カードローンの場合、カード会社によって借り入れ金額ごとに最低支払金額が
設定されているのでその最低支払金額よりも返済額を減らすのは難しいです。
また、返済額を減らす手続きはカード会社によって異なります。

 

例えば、それまでの返済実績などから判断される場合もありますし、
利息分だけでも支払っていれば延滞や滞納の扱いにはならないカード会社もあります。

 

どちらにしても、毎月の返済額を減らしたい場合は各カード会社のお客様窓口や
コールセンターに問い合わせて直接聞いたほうが確実です。

 

ちなみに問い合わせのタイミングとしては返済日よりも前に相談することが重要です。
返済が厳しくなると多くの人が連絡などを後回しにしてしまう傾向がありますが、
そうすると滞納や延滞の扱いになってしまう可能性が高いので事前に連絡することが大切です。

 

その月だけでなく、先々の返済も厳しいようであればカードローンの返済額を
減額する法的な手続きを検討したほうがいいかもしれません。

 

【関連記事】
返済が厳しいと感じた方必見!カードローンの返済を減額する方法


カードローンの返済額を変更する具体的な手続き例

では、実際にどのような手順でカードローンの返済額の変更ができるのか?
みずほ銀行のカードローンを例にして紹介したいと思います。

 

みずほ銀行のカードローンの場合、月々の返済額を自分で決めることはできません。
参考:https://www.faq.mizuhobank.co.jp/faq/show/648?site_domain=default

 

返済額は前の月の借入残高によって決まります。
返済額を増やしたい場合はカードローンの任意返済が可能です。

 

その場合は全国のみずほ銀行やゆうちょ銀行など提携する金融機関のATMから返済が可能です。
みずほ銀行のカードローンの場合は任意返済で繰り上げ返済をしても毎月の決まった返済額は
毎月10日の返済日に返済用の普通預金口座から引き落とされます。

 

【関連記事】
みずほ銀行のカードローンの返済ができるコンビニは?

 

みずほ銀行の場合は毎月の返済額を減らすことはできません。
というのも、借入額によって最低返済額が決まっているのでそれを減らすことは不可能です。
もし引き落とし用の口座に最低返済額が入っていなくて引き落としができなくなった場合は
カードローンの利用が停止されて、延滞金を支払うまで利用再開ができません。

 

銀行系のカードローンの場合は毎月の返済額を少なく変更できないことが多いです。

返済額だけでなく返済日の変更も可能!

カードローンの毎月の返済額が変更できない場合は返済日の変更を考えてみてはいかがでしょうか?
上記で紹介したみずほ銀行のカードローンは返済日の変更も不可能ですが、
三井住友銀行のカードローンなどは返済日の変更が可能です。